スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE LONG SEASON REVUE』

fishmansmo4174.jpg

'99年のボーカルの急逝で活動を停止していたバンド、フィッシュマンズ。彼らが多くのゲストを迎えて、'05年に行なったライブをとらえた音楽ドキュメンタリーです。

リアムタイムでのフィッシュマンズを何も知らない僕にとって、この映画を観たいなと思ったのは、フィッシュマンズのメンバーでもあった柏原譲のベースが好きだからという理由だけでした。
 
ハナレグミから竹中直人まで多彩なゲストを迎えてのライブでした。少し意外だったのは、山崎まさよし。彼には、浮遊感という音楽性は感じていなかったのですが、透き通って上昇感のある歌い方は、相性良くバンドに溶け込んでいました。

その他のゲストも、ステージでの幸せそうな表情が良く出ていました。
リーダー茂木の打ち上げ時のインタビューも微笑ましい映像でした。亡くなったボーカル佐藤とバンドに対して、やっと前を向いて接する事ができるようになった事を、とにかく伝えたくて、でも良い言葉が見つからない・・・。それでも必死に伝えようとする表情が感動的でした。

 ‘悲しい時に 浮かぶのは いつでも君の 顔だったよ
  悲しい時に 笑うのは いつでも君の ことだったよ’ 
 
「いかれたBABY」より

映画の中で、いちばん好きになったフレーズです。

二枚組ベストが出ているので、それから聴いてみようと思ってます。

スポンサーサイト

兵庫の安藤作品その1

『西宮市貝類館&公民館』
IMG_5902-s.jpg

貝類の博物館と児童館が一体となった建物です。ヨットハーバーのある港に面している事から,ヨットの帆をモチーフにしたデザインがなされています。
メインのボリュームをなす部分にコンクリート以外の素材を持ってくるのは,少し珍しいと言えます。貝殻のどちらかというと繊細で弱いイメージとバランスがとれるようにとのねらいなのかも知れません。
IMG_5900-s.jpg

IMG_5905-s.jpg

IMG_5908-s.jpg

IMG_5910-s.jpg

IMG_5914-s.jpg

IMG_5919-s.jpg

IMG_5929-s.jpg

IMG_5933-s.jpg

IMG_5936-s.jpg

IMG_5939-s.jpg

IMG_5943-s.jpg

IMG_5938-s.jpg

IMG_5946-s.jpg

IMG_5956-s.jpg

IMG_5955-s.jpg

IMG_5959-s.jpg

兵庫は,宝の山。

安藤建築を観に行ってみようツアーも無事終了。
3日間で、
観た安藤建築  18個
撮った写真  506枚
走行距離  729.7km

in神戸と言いながら、姫路も淡路島も行きました。
改めて、一つの県にこんなに作品があるのかとびっくりしてます。
しかも傑作が多い。羨ましいです。
これだけの数だとさすがに満腹感も出てくるかと思いましたが、そんな気分にもならず,欲張ってたくさん観てきました。
ついつい食事をするのを省いてしまうのが,いつもながら反省点です。

詳細は、また後ほど。

神戸に来てます。

20060520210032
安藤建築を観に行ってみようツアーin神戸。
一日目は、4ヶ所回りました。
夜ご飯中。

『マイ・アーキテクト ルイスカーンを探して』

01.jpg


ルイス・I・カーン(1901年~1974年)
フランク・ロイド・ライト、ル・コルビジェ、ミース・ファン・デル・ローエと並ぶ20世紀を代表する建築家。

安藤ブームが続いている僕にとって,何ともタイミング良く出会えた映画です。
監督であり主人公のナサニエルは、カーンの息子です。
カーンの代表作の内部やディテール、有名建築家へのインタビューが次々と映し出され、カーン好きにはたまらない映像作品と言えます。
また、残された3つの家族へのインタビューは、カーンの人となりが良く感じ取れる人物ドキュメントとしてもすばらしい作品です。
“2番目のパートナー”のアン・ティン、そして“3番目のパートナー”のハリエットへのインタビューは迫力があります。気丈なアン・ティン、信じるハリエット。ふたりが語るカーン像には違いありますが、そのどちらもが真実であるように思いました。二人の表情には、不倫の後ろめたさなどなく、むしろ誇りさえ感じられます。
カーンの住宅の傑作「フィッシャー邸」での、ナサニエルとそれぞれ母の違う2人の姉が語り合うシーンでは、3人の心の重なりとすれ違いの両方が垣間見え切ないです。
理解のある家族によって、自信のわがままを通したカーンは、幸せであった事でしょう。
ただ、残された家族同士のわだかまりが消えないのもまた事実ですね。


ソーク生物学研究所、キンベル美術館、バングラデシュ国会議事堂
Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。