スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪人」



行き帰りの電車内、週に一回くらいのペースでだらだら読みました。
それでも、まったく前のページを読み返すことはなく、じわじわと引き込まれました。

ストーリーは単純です。テーマは、「純愛」かな。
叙述方法の多彩さが筆者の魅力の一つだと思ってますが、今回は、いろんな登場人物からの視点で、すでに語られたストーリーをもう一度なぞっていくような書きぶりです。

映画っぽい編集テクニックを使って、リアルな「現代」を感じさせる演出をしています。
それに加えて、後半部分の逃避行の記述は、嫌みなく純愛が感じられ、きらきらと輝いています。

最後は、モノローグ形式で絶妙に純愛の熱を冷ましていき、すーっと平熱に引き戻してくれます。
ハッピーエンドじゃないけど、なんとなく清々しい読後感が、好きです。


増尾の描き方がいかにもすぎて、コント的に感じてしまったのだけが、引っかかる点です。


原作を気に入ってしまうと、映画を観るのが怖い・・・。
それにしても、吉田修一作品は映画になる率がとても高いです。
スポンサーサイト

【芳野市民館】

IMG_9909.jpg



諏訪湖からほど近い、芳野市(ちの市)の複合施設です。

JR芳野駅の通路から直結でスロープ上の図書館に入場できるようになっているのが斬新です。電車の待ち時間に気軽に立ち寄れます。
他に、美術館、ホール、ギャラリー等が中庭を囲む形で配置されています。
各棟で異なった外観を見せる一方、どの棟にも必ず建物を貫通する形で開口部を設けており、建物の向こう側を見せる工夫が徹底されています。

独自の開口部へのこだわりを感じる力作です。


【茅野市民館】
古谷誠章/NASCA+茅野市設計事務所協会 
長野県茅野市

INCEPTION



面白かったです。

夢の中に入り込み、潜在意識に訴えかけ、現実世界での行動を操ろうとする設定です。


この種のストーリーにしては、なんとか見失わずに見られました。
マトリックスと似ている気もしますが、こちらの方が見せ方が上手いです。

結局、ロングコートよりも三つ揃えの着こなしが好きだからかというのも大きいですが。
とにかく、タイドアップした男たちの着こなしが、クラシックでとても好みです。


理解できなかった部分もあるし、映像と音楽もかっこいいのでまた観たいなと思います。


クリストファーノーラン、これからも要チェックです。
Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。