スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一宮市博物館】

1987/愛知県一宮市/内井昭蔵建築設計事務所
IMG_3259-s-s.jpg

「南側駐車場からのアプローチ。」
木々が程よく茂り公園を散歩するような感覚で玄関まで歩けます。中に入るにしたがって,徐々に建物の分量が増えてくる視界の変化も楽しいです。
絵になる風景です。

IMG_3264-s.jpg

IMG_3265-s.jpg

「正面玄関付近の外回り」
トップライトを取り入れるために三角に空洞の開いた庇の下には水が流れています。世田谷美術館にも類似したスペースがありますが,今回は空洞部分に幾何学模様の格子をはめず,シンプルに処理しています。

IMG_3266-s.jpg

「東側庇部分」
こちらには四角形の空洞が設けられていますが,同じく格子はなしです。

IMG_3267-s.jpg

「玄関西側外観」
円形の玄関部分とは対照的なごくシンプルな直線的な壁です。凹凸のあるブロックが程よい表情を作っています。

IMG_3275-s.jpg

IMG_3277-s.jpg

「常設展示部分」
2階層吹き抜けの構造で,中心部分に緩やかならせん階段を配し,その外側に展示物を設置して,自然と鑑賞順路を形作っています。天井部分には,大きく開口部を設け,トップライトが降りそぎます。

IMG_3285-s.jpg

「2階常設展示部分」
屋根の中心部分の真下と思われ,ここでは,開口部を中心部分のみとすることで,吹き抜け部分と光量に差をつけて,展示スペースのバリエーションを確保しています。

IMG_3292-s.jpg

「外壁ブロック」
素材は,石とコンクリートが混合しているような雰囲気でした。

IMG_3293-s.jpg

「北側ベランダ部分と屋根」
ベランダにしてはかなり広く,野外展示スペースにもなり得る場所ですが,全く使用されていません。
赤茶色と青緑の入り交じった屋根の色彩は,紅葉にも似て,周囲の木々ととても馴染んでいます。

IMG_3296-s.jpg

「南側吹き抜け部分」
常設展示部分とは対照的に,足下に開口部を設け,室内の表情を変えるともに,外周の庇部分の造形と外の緑も同時に楽しめる仕掛けとなっています。。

IMG_3297-s.jpg

「2階資料閲覧スペース」
天井は低めですが,奥行きのある視界が確保されています。

IMG_3300-s.jpg

「西側渡り廊下と中庭」
中庭はほぼ立方体で広くはありませんが,どことなく神聖な雰囲気です。

IMG_3303-s.jpg

「東側渡り廊下」
白を基調とした現代的な仕上がり,入ってくる光も白っぽい印象になります。
いろいろな表情を持つことに成功している建物です。

IMG_3307-s.jpg

「西側外観」
水平を強調したデザイン。渡り廊下部分のディテールもフランク・ロイド・ライトを連想させます。全体的に世田谷美術館から派手目の装飾空間構成を排除した佇まいです。

IMG_3313-s.jpg

「東側外観」
左上二階部分の三方向に大きく開口した空間が他の部分に比べ現代的なデザインで,目を惹きました。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://twentycolornine.blog29.fc2.com/tb.php/126-baf09bf2

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。