スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白と黒の恋人たち」



若き映画監督フランソワと、新人女優リュシーの恋愛映画。
出会いの部分は、省略しすぎた感もあるほど、テンポよく物語は進みます。

フランソワは、一目ぼれしたリュシーを新作のヒロインに抜擢して、劇中劇が、展開されていきます。
フランソワは資金面、リュシーは役柄に翻弄され苦悩します。
劇中劇と作品そのものが境界線をあいまいにした形で編集されていて、いったいどちらの演技を観ているのか、注意してみないとわからなくなります。
これは、監督の意図的なもので、ラストシーンにそれは結実します。

フランソワののほほんとマイペースな性格ととリュシーの嫉妬心を燃やしつつ相手には言い出せず苦悩する姿が、僕にはとても愛らしく映りました。

最後に、日本の題名をなぜ「白と黒の恋人たち」にしてしまたのかが疑問です。
原題は、映画の劇中作と同じ「残酷な無邪気さ」となっているのに…。

「白と黒の恋人たち」
監督・脚本:フィリップ・ガレル
脚本:マルク・ショロデンコ、アルレット・ラングマン
撮影:ラウール・クタール
録音:アレクサンドル・アブラール
音楽:ジャン=クロード・ヴァニエ
出演:メディ・ベラ・カセム、ジュリア・フォール、ミッシェル・シュボール

2001年/フランス・オランダ/35ミリ/モノクロ/117分
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://twentycolornine.blog29.fc2.com/tb.php/199-7cf06011

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。