スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東北旅行⑭ 国際芸術センター青森」

9/25 13:35~ 【国際芸術センター青森

IMG_2389_s.jpg
青森市南部にある、芸術活動の施設です。アーティストが泊まり込んで作品を製作し展示まで行うことのできる複合施設となっています。
建築のテーマは「見えない建築」。
安藤さんの近年の定番的なテーマでもあるが、今回は地下に埋め込むのではなく、隣接道路から徐々に段差が続き自然の残っている地形をそのまま利用して、森の中に建物を埋没させています。
展示棟の外周に寄り添うように生えている木々が今回も印象的です。


IMG_2361.jpg
駐車場から、展示棟までのアプローチは長めに距離をとってあり、「四季のアーケード」と呼ばれる木のトンネルが用意されています。格子を通して眺める木々は少し新鮮で、心地よく散歩ができます。

IMG_2370.jpg
展示棟入口。
安藤さんらしい閉じた玄関口です。

IMG_2380.jpg
バームクーヘンのようにくり抜かれた中央部分は、水庭を備えた野外ステージとなっています。
階段状の席は、木製です。

IMG_2391.jpg
図書などが置かれたラウンジ。
ギャラリーとなっている他の部屋が非常に簡素なのに比べ、内装もきちんと施してあります。
大きなガラス窓により森へと視界が抜けます。


IMG_2395_re.jpg
谷に架けられた橋のような創作棟。
かなり長い長方形をしています。

IMG_2398.jpg
地形に寄り添うというより、少し食い込むようなイメージで建っています。奥に見えるのが宿泊棟。
さらに一段下にあります。

IMG_2404_re.jpg
創作棟の屋外廊下。ごくシンプルな造形の連続ですが、非日常的な奥行きと人間的なスケールを維持した天井高のせいかとてもセンスよく映ります。

IMG_2408_tr.jpg
創作棟側から見た展示棟外観。

【国際芸術センター青森】
設計者:安藤忠雄建築研究所
所在地:青森県青森市合子沢山崎152-6
主用途:芸術文化施設
竣工:2001年





スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://twentycolornine.blog29.fc2.com/tb.php/215-2fe23b9b

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。