スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京大学弥生講堂アネックス】


東京大学本郷キャンパスにある弥生講堂の別館です。赤門のある本郷通り沿いにひっそりと建っています。
ただ、その外見はかなり斬新で、目を奪われます。
まず、鈍く光る銅の屋根材をまとった、HPシェル構造(貝殻のような曲面板を用いた建築構造です。)の屋根は、ちょっと野性的なイメージを受けました。
周囲の木々の間にかかるハンモックのような感じです。
それと、銅のこの素材感は、コーヒーポットを思い出します。



IMG_1492.jpg
この建物は、大学の研究室と共同で木材の研究をしている会社からの、寄付によって造られたそうです。
中は、屋根の形がそのまま現れた無柱空間で、教会のような雰囲気です。


IMG_1490.jpg
アネックスは、二つの建物からなり、シェル構造のホールが「セイホクギャラリー」、そしてこちらの画像の建物が「エンゼル研究棟」と呼ばれています。
外観だけみると、2階にはテラスもあり、どこか別荘のような趣です。
こちらの構造はラーメン構造(簡単に言うと、柱と梁の接合部を剛強にして、梁と柱のみで建築を支えることができる構造形式です。)これにより、シェル構造と同様、間仕切りのない、広々とした空間を作ることができます。
外観のみしか観られなかったのでその構造の様子はわからないですが、中には、無柱空間の講義室があるようです。

IMG_1494.jpg


IMG_1489.jpg
今回は、となりの弥生講堂本館この建物を観に訪れたのですが、偶然この建物を見つけかなり嬉しい衝撃でした。
僕が訪れたのは、去年の8月10日だったのですが、後で調べたら8月5日に竣工式を済ませたばかりのできたてほやほやの建物でした。




【東京大学弥生講堂アネックス】
住所 東京都文京区弥生1-1-1
用途 大学施設
設計 河野泰治アトリエ
設計監修 安藤直人
竣工 2008年8月


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://twentycolornine.blog29.fc2.com/tb.php/254-e96d9118

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。