スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やさしくキスをして」

2004年/英・伊・独・スペイン合作/104分
監督:ケン・ローチ

yasasikukisuwosite.jpg


自分の中で,ケン・ローチは,10代の人間模様を,リアルに荒々しく切り取ることを通し,現代の抱える問題に目を向けさせる,そんなイメージがありました。
イメージとは,少しギャップのある題名が気になり,観てみました。
舞台は,スコットランドのグラスゴー。
カソリック学校のアイリッシュの音楽教師と,DJをやっているパキスタン青年の恋の物語です・・・,表向きはですが。

 宗教の違い、文化の違いをなんとか乗り越えて愛を貫こうとする二人、愛とは何か、家族とは何か、幸せになるとはどういう事か---。ある宗教に敬虔になればなるほど,他宗教との衝突は激しくなる。
 他人を尊重し,お互いを認め合う精神というのは,人間社会の基本だと思うし,そういう精神は,宗教以前の問題として誰しもが理解している事だと思います。
 しかし,歴史的事実からくる宗教,民族間の対立は,とてつもなく大きいものです。
 
 愛する二人が,いくらお互いを受け入れても周囲がそれを許さない。そして,そういう行動をする周囲もまた,相手を思いやればこその行動であることもまた事実だと思う。少なくとも,この映画の登場人物に誰も悪い人はいない。
 
 監督の伝えたいことは,世界が平和になるためには目をそらせない,宗教,民族の壁の大きさを若者にわかって欲しい,そしてそんなものには縛られないでいられる,新しい世代にこの壁を乗り越える方法を見つけて欲しい,そういうことだと思いました。

 隠れた主人公ともいえる青年の妹が,反対されるとわかりながら自分の将来の夢を両親に話す姿をみて,青年自身も自分の気持ちを貫こうと決意を新たにする描写は,印象的でした。

 いつの日か,こんな悲しい衝突がなくなることを願います。

 主人公二人の描写は,自然体で美しく,微笑ましい。そこに救われました。
 
 良い映画です。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://twentycolornine.blog29.fc2.com/tb.php/72-f65f3a52

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。