スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日心月歩」


「海老そば・塩味・全部のせ」

春日井市役所付近にあるラーメン店。
魚介だしのスープに細めんでチャーシューを炙るスタイルは、「ぎんや」に似ています。
メンマとチャーシューは、肉厚で食べ応えがあります。ただ具材が少し冷めてるのが残念です。
それと、メインであるはずの海老の量がちょっと物足りないです。
好きな味付けですが、細かいところで店主と好みがずれている感じです。

ゆずやマグロを使ったスープもあって(だしをとっているわけではないかもしれませんが)、創作意欲のあるお店なので、またいつか食べてみようと思います。

IMG_3909.jpg


「日心月歩」
愛知県春日井市鳥居松町5-33 ティアモンド春日井1階
TEL 0568-89-2401
営業時間  最近は、時間帯が不定のようです。こちらで確認してください。↓
                                         お店のブログ
定休日 月曜日
TEL 0568-89-2401

「はまゐば」


「特製ラーメン」

前々から気になっていたお店です。
つけ麺で宣伝されていたイメージがあるのですが、冬のせいか、つけ麺はありませんでした。
豚骨醤油の太麺でトッピングの豪華な特製ラーメンを注文。
四角い断面の少し縮れた麺は、弾力があって最後まであまり伸びなかったです。
スープは、舌触りまろやかで僕にはちょうどよい濃さ。最後まで飲めてしまいます。
よく育ったしゃきっとしたもやし、味がしっかりしみ込んだ煮玉子、脂身がとろけるチャーシュー、そして細かいことですが海苔が最初からスープに絡めてあるのもよかったです。
いやー美味しかった。もう一度食べてみたい一杯です。

IMG_3160.jpg


「 はまゐば」
住所 名古屋市昭和区隼人町3-6
TEL 052-835-2226
営業時間 [月~金] 11:30~14:30 18:00~23:00 [土・日・祝] 11:30~15:00 18:00~23:00
定休日 火曜日
駐車場なし (近所のパーキングにとめると100円券をもらえます。)

「西洋菓子処 カルチェ・ラタン」


六番町付近の1号線沿いにあるパティスリー。

IMG_3123.jpg
グレープフルーツのムース
フルーツがとてもみずみずしくムースにもそのままの味がしみこんでいて素直な味がします。
チョコの層が少し作ってあるのもよかったです。


IMG_3127.jpg
なんと呼んでいいのかわかりませんが、予想外にパンチの効いたケーキです。
上で渦巻いているクリームは、バタークリームです。かれこれ20年近くは口にしていなく、懐かしさあふれる口当たりです。
そして中にあるスポンジ生地がアルコールを(ブランデーっぽい)ふんだんに含んでいて、少し頭が痛くなりました。買うときに店員さんが、「お酒が入っていますが良いですか。」と言ってきただけのことはありました。

うーん、ケーキによっては癖のあるものも潜んでいるお店ということでしょうか。でも、上で紹介したムースは果物のフレッシュ感と甘みと酸味が引き立てあってるバランスの良い仕上がりです。
値段も抑え目なので、もう一度買ってみようかなと思います。

「西洋菓子処 カルチェ・ラタン」
名古屋市中川区十番町2-4
TEL:052-661-3496
営業時間:9:30~20:30
定休日:水曜、第2火曜
駐車場: 4台程度






「東北旅行⑭ 国際芸術センター青森」

9/25 13:35~ 【国際芸術センター青森

IMG_2389_s.jpg
青森市南部にある、芸術活動の施設です。アーティストが泊まり込んで作品を製作し展示まで行うことのできる複合施設となっています。
建築のテーマは「見えない建築」。
安藤さんの近年の定番的なテーマでもあるが、今回は地下に埋め込むのではなく、隣接道路から徐々に段差が続き自然の残っている地形をそのまま利用して、森の中に建物を埋没させています。
展示棟の外周に寄り添うように生えている木々が今回も印象的です。


IMG_2361.jpg
駐車場から、展示棟までのアプローチは長めに距離をとってあり、「四季のアーケード」と呼ばれる木のトンネルが用意されています。格子を通して眺める木々は少し新鮮で、心地よく散歩ができます。

IMG_2370.jpg
展示棟入口。
安藤さんらしい閉じた玄関口です。

IMG_2380.jpg
バームクーヘンのようにくり抜かれた中央部分は、水庭を備えた野外ステージとなっています。
階段状の席は、木製です。

IMG_2391.jpg
図書などが置かれたラウンジ。
ギャラリーとなっている他の部屋が非常に簡素なのに比べ、内装もきちんと施してあります。
大きなガラス窓により森へと視界が抜けます。


IMG_2395_re.jpg
谷に架けられた橋のような創作棟。
かなり長い長方形をしています。

IMG_2398.jpg
地形に寄り添うというより、少し食い込むようなイメージで建っています。奥に見えるのが宿泊棟。
さらに一段下にあります。

IMG_2404_re.jpg
創作棟の屋外廊下。ごくシンプルな造形の連続ですが、非日常的な奥行きと人間的なスケールを維持した天井高のせいかとてもセンスよく映ります。

IMG_2408_tr.jpg
創作棟側から見た展示棟外観。

【国際芸術センター青森】
設計者:安藤忠雄建築研究所
所在地:青森県青森市合子沢山崎152-6
主用途:芸術文化施設
竣工:2001年





「パティスリー モンシュシュ 堂島ロール」

IMG_3076.jpg
久しぶりに買ってみました。
記憶していた味のイメージより、下がってしまいました。。
牛乳臭い生クリームは好みなのですが、だんだんとバターの味がしてきて、くどくなってきます。ジャンクフード好きの僕としては、このくどさがまた食欲をそそるのですが、美味しさの追求という点からはマイナスな印象です。
生地の食感はしっとりです。生クリームの分量が多い性もあるのか、なんとなく水分を含んだ印象で焼き上がりの生地感が損なわれているような気もします。

IMG_3077.jpg
批判的な感想になってしまいましたが、食べたなぁという満足感が得られ、これはこれで好きです。

「TAVERNA VISCONTI ヴィスコンティ」

IMG_3069.jpg
 上小田井の「レニエ」からほど近いところにあるカジュアルなイタリア料理店です。
お昼のメニューです。1300円のパスタセットと2400円のコースがあり、コースの方は、数量限定のため、この日は予約でいっぱいでした。僕としては、お昼で2000円以上はきびしいので、幸い影響なしでした。
こちらは「前菜のプレート」
すべて手間ヒマのかかっている本格派だと思います(薄っぺらい表現ですいません。)
ランチでこれだけの品数を味わえるのは幸せです。前菜だけでかなり満足してしまいました。


IMG_3071.jpg
「自家製のパン」
特に右側のレーズンパンは、かりもちしっとりで大変美味です。


IMG_3074.jpg
「しらす、白菜、トマトのペペロンチーノ」
しらすのしょっぱさ、白菜の甘み、トマトの酸味がちょうどよくソースに染み出ていて、ホットでいて優しいペペロンチーノです。この味付けでスープスパにしても良さそうな感じです。
美味しい!


IMG_3075.jpg
ドルチェの「パウンドケーキ」
固めでしっとりとして、控え目な味付けでほっとするデザートです。

この他に、コーヒーまたは紅茶が付きます。


「TAVERNA VISCONTI ヴィスコンティ」
名古屋市西区赤城町16-1
Tel.052-433-8822 
営業時間
11:30~14:00(L.O)
18:00~21:30(L.O)土日祝17:00~
水曜&第三火曜定休
駐車場:店前2台・店北(店の裏)側5台

「パティスリー キタザキ」


天白区にあるパティスリー。お正月中に行ったのでやっているか不安でしたが、無事やってました。
イートインもできるようになっています。

IMG_3055.jpg
右端に薄切りのロールケーキは、新作ということで試食用にいただくことができました。ラッキー♪

IMG_3057.jpg
「魔法の純生ロールケーキ」
発色の良い黄色い生地が目にとまります。濃厚な卵味を想像して口に入れたのですが、見た目ほど卵ぽい味はしませんでした。しっかりと焼き上げた感じの生地は、しっとり感の薄い舌ざわりですが、嫌なパサつき感はなくクリームとの食感のギャップが際立ち新鮮でした。美味しいと思います。
自分の好みとは違うタイプなのに美味しいロールケーキに出会えました。


IMG_3060.jpg
「A2(エージジョウと読むそうです。)」
アーモンドといちじくを使ったもの。両親が食べて、甘さがちょうどよくて美味しいという感想だけ頂きました。
IMG_3058.jpg
「和栗のモンブラン」
こちらも両親担当。

IMG_3063.jpg
「苺のロールケーキ」(正式名称忘れました。)
生地は、純生ロールと同じだと思います。苺のクリームがオーソドックスなジャムっぽく、もちろんジャムとしては美味しいのですが、今ひとつ印象に残らない味でした。

IMG_3067.jpg
「マダム・ヤン」
ベリーの甘酸っぱいイメージで口入れると意外とそれほどでもない。中を見るとライチのムースがかなりの分量を占めていました。ロールケーキと同じような見た目を裏切る味作りです。
美味しいですが、もう少し酸味があったほうが好みです。


「patisserie KITAZAKI」
名古屋市天白区原5-1101メゾン平池1F
TEL:052-808-1201
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜
駐車場2台

「ピッツェリア チェザリ」

IMG_3051_tr.jpg
大須商店街にあるナポリピザのお店です。
イタリア政府の認定を受けており、限定された食材を使っているらしいです。
看板にもあるとおり、ピザだけをセルフサービスで手軽に食べられるコースと、トラットリアとしてきちんと食事ができるコースと両方の使い方ができます。
この日は、混んでいたのでピザだけをささっと食べてきました。


IMG_3050.jpg
「マリナーラ」というトマトとバジルとにんにくのみのあっさりピザです。
先入観もあるかも知れませんが、生地はカリもっちり、トマトは瑞々しい酸味、バジルも香味が良い。
飛びぬけた存在感こそ感じませんが、と素直美味しいと思えました。

魚介のスープやリゾットもあるようで、次回はトラットリアに挑戦します。



「ピッツェリア チェザリ」
名古屋市中区大須3-36-44
TEL:052-238-0372
営業時間:
平 日:11:00~14:30 18:00~22:00
土日祝:11:00~17:00 17:00~22:00
定休日:水曜不定休

「ピエール・プレシュウズ」


【モンブラン・ブリュレ】

長久手町にあるパティスリー。
ここは美味しいです。そして杁ケ池を目の前に眺められるロケーションがまた良いのです。
この日は、めずらしく空いていたのでイートインをしてきました。
四万十川流域で育った栗を惜しげもなく使っています。栗生地は、つなぎの材料をほとんど使っていないようで、十割そばのような感じとういうか、栗そのものの甘みと食感です。
表面を少し焼いたことで、スイートポテトのような香ばしさもほんのりあります。中には、甘さ控えめで軽い舌ざわりの生クリームがぎっしり。そして底には、サクサクとした白い物体(名前がわかりませんが、砂糖の塊になっているようなくどくて硬いイメージのアレです。しかし、ここのは全く甘くなく食感の変化だけを楽しめます。)
見た目の華やかさとは裏腹に、自然の味を大事にしてる控えめな味付けが素晴らしいです。
ここのケーキだったら、2個頼んで食事がわりにしても良いかなとすら思えます。

IMG_2978.jpg
パスタじゃないですよ。奥にちらっと見えるのが杁ケ池。

IMG_1639.jpg
以前に食べたショートケーキ。具材を直前に盛り合わせる手法も新鮮です。スポンジが焼き上がりのままのふかふか感を保っていて美味しい!

「白と黒の恋人たち」



若き映画監督フランソワと、新人女優リュシーの恋愛映画。
出会いの部分は、省略しすぎた感もあるほど、テンポよく物語は進みます。

フランソワは、一目ぼれしたリュシーを新作のヒロインに抜擢して、劇中劇が、展開されていきます。
フランソワは資金面、リュシーは役柄に翻弄され苦悩します。
劇中劇と作品そのものが境界線をあいまいにした形で編集されていて、いったいどちらの演技を観ているのか、注意してみないとわからなくなります。
これは、監督の意図的なもので、ラストシーンにそれは結実します。

フランソワののほほんとマイペースな性格ととリュシーの嫉妬心を燃やしつつ相手には言い出せず苦悩する姿が、僕にはとても愛らしく映りました。

最後に、日本の題名をなぜ「白と黒の恋人たち」にしてしまたのかが疑問です。
原題は、映画の劇中作と同じ「残酷な無邪気さ」となっているのに…。

「白と黒の恋人たち」
監督・脚本:フィリップ・ガレル
脚本:マルク・ショロデンコ、アルレット・ラングマン
撮影:ラウール・クタール
録音:アレクサンドル・アブラール
音楽:ジャン=クロード・ヴァニエ
出演:メディ・ベラ・カセム、ジュリア・フォール、ミッシェル・シュボール

2001年/フランス・オランダ/35ミリ/モノクロ/117分

「ピエールプレシュウズ」

IMG_1332.jpg

3つともとても美味しいです。どれも甘さが控えめで、フルーツ等乳製品以外の素材の美味しさを引き立てています。素敵な味です。
「イチジクのタルト]」(いちばん手前)
白い部分は生クリームです。甘さ控えめのふわふわ加減とナッツのサクサク感がとてもいい感じです。
クリームの下にはイチジクがさらに隠れています。上からの3層をまとめて食べるといちじくとナッツの粒々ハーモニーが心地良いです。


IMG_1334.jpg

「マンゴーのタルト」
濃厚だけどけしてくどくないマンゴームースが主役です。
ベリーや木イチゴ等の柑橘系酸味の変化に美味しさを感じます。


IMG_1335.jpg
「シキブ」
抹茶ムースの中にクルミ風味のクリーム、レンズ豆のコンフィ。
と、紹介がされていました。
とても優しい口当たりの抹茶ムースの中にクリームと豆が入っています。コンフィチュールというのはジャムのことだと思うのですが、こちらは、小豆でいう粒あんのような状態で、抹茶のほのかな苦みとともに、和の上品な美味しさが広がります。
マカロンも、先日食べたタナカのものとは全然別物です。コーンの味は全く感じず、べとつかない食感で美味しいです。


【ピエール プレシュウズ】 (Pierre Precieuse)
TEL 0561-61-7083
住所 愛知県愛知郡長久手町杁ケ池1120
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜・第1第3火曜(祝日の場合は翌日)

「cafe TANAKA」

IMG_1304.jpg
IMG_1308.jpg

エキゾチックショコラと商品名忘れましたがいちじくのタルト

どちらも全体的に味が濃い目です。そして、それぞれの具材のハーモニーがあまり巻き起こってこない。
マカロンを初めて食べました。コーンの味と触感を強く感じました。うーん、ほんとにこういう感じの味が普通なんでしょうか。

店名     カフェタナカ 本店
TEL    052-912-6664
住所     愛知県名古屋市北区上飯田西町2-11-2
営業時間 7:00~18:30
定休日 無休
ホームページ http://www.cafe-tanaka.co.jp/

たじみとかに。

猛暑日だったこの日、暑さを求めて多治見方面へ行ってみました。


IMG_1220.jpg

最初の目当ては、「ギャルリ百草」です。
安藤雅信という陶芸作家が、10年程前に緑区鳴海にあった古民家を移築した建物の中に、ギャラ
リーとカフェが併設されています。

食器をはじめとしたいろんな器と、衣服や書籍も置かれていました。
器の知識は皆無に等しい僕ですが、手に取るとどれも繊細で、作り手の表現した美しいカタチが伝わってくる感覚になれました。魅力的な品々です。
でも、つけられている値段相応の価値を見出すことはできないものも多かったです。
最後には自分の主観でいいのでしょうが、ある程度客観的にも、品の良しあしを判断できる知識と感覚を、もっと幅広く身につけたいなぁと、こういう場所に来るたび思います。

IMG_1225.jpg

こちらのスプーンは、特に高価で、2本で大台を突破しています。


IMG_1226.jpg

カフェで小休止。
こちらは「シークヮーサースカッシュ」天然果汁で美味しかった。発色もきれいです。

1229_tr.jpg

こちらは、ルヴァンというパン屋さんのパンの5種盛りプレート。
せいろで蒸したものです。人工的でない噛みごたえのあるもちもち感と、素材の素朴さがたまりません。とても美味しいです。

IMG_1232.jpg

庭では、モミジが紅葉していました。


IMG_1235.jpg

続いて可児市へ向かい、偶然近くを通りかかった花フェスタ記念公園に。
駐車場につくと、あまりにも閑散としていたので入園せずに退散しました。

IMG_1237.jpg

駐車場から見えた気になるフォルムの建物。公園内の施設でしょうか?


IMG_1240.jpg

目的地その2の「ことりcafe」へ。
カジタさん作の「ことりブレンド」を「しらすトースト」とともにいただきました。
コーヒーは、とてもやさしい味でしたが、少し豆の個性が出きれていないのが残念でした。
でも、いれる人によってここまで味が変わるコーヒーってほんとにデリケートで難しいけど、面白いです。

IMG_1239.jpg

しらすトーストは自分で作ってみたくなるクセになる味です。海苔とチーズが一緒に乗ってます。

春日井グルメ。

2か月と少しの間住んでいた、春日井市勝川周辺の美味しいお店の紹介です。



「ありがた屋」
無化調の材料のみでつくられるあっさり味。ストレート系の細めんをはじめ、素材の一つ一つが美味しいです。チャーシューやメンマも一口大にカットされていて、細部まで気配りされている一品です。
店内も落ち着いていて好印象。待ち時間もゆったり過ごせます。

IMG_1136.jpg

IMG_1159.jpg

IMG_1168.jpg

IMG_1170.jpg

IMG_1171.jpg

IMG_1181.jpg

【めがね】

1005895_01.jpg


最初から最後まで、特に何が起こるわけでもない。ただ過ぎていく、ある島での日常。
脚本、演者、ロケ地‥、どれもがすばらしく情緒的です。
久石嬢を連想させるBGMも素敵です。
タエコ(小林聡美)に自分を置き換えて、旅をしているような気分で観られます。

たそがれるのが得意な人は、ぜひ観てください。


「めがね」
2007年 日本
監督・脚本 : 荻上直子
出演 : 小林聡美 、 市川実日子 、 加瀬亮 、 光石研 、 もたいまさこ

チョコレートと塩。

list_potatochoko.jpg

最近はじめて食べて、ハマッてしまいました。甘みの後に辛みがやってきて、また甘みがやってきます。こんなことされたら、エンドレスで食べてしまいます。
今度の機会には、大人買いします。

類似商品がないかなぁと、探したらスティックタイプのが出てました。

明治製菓:北海道チョコポテト
いつも行くコンビニに売ってるといいな。

スパゲティ

作った料理を何となく写真に撮るのですが、好物でかつ楽チンなので、パスタが圧倒的に多いです。
今年になってからは、スパゲティばっかりでした。違うパスタもたまには使わないといけないです。

IMG_4996.jpg
【豚バラ、玉ねぎ、パルミジャーノ・レッジャーノ】

IMG_5013.jpg
【チェリートマト、バジル、モッツァレラ】

IMG_5016.jpg
【ミートソース1】

IMG_0491.jpg
【ミートソース2】

IMG_0587.jpg
【アスパラガス、ツナ、ベーコン】

IMG_0589.jpg
【ほうれん草、若鶏、エリンギ】

IMG_0652.jpg
【カルボナーラきのこ入り】

黄色のフロマージュ。

IMG_5021-s.jpg

IMG_5025-s.jpg


北海道物産展に行ってきました。ルタオが大当たりしたせいか似たようなチーズケーキがたくさん売られていました。せっかくなので新しいお店を開拓しようと,試食をしたのですが,ルタオよりも美味しいお店には出会えませんでした。
今回は,今の季節だけの栗味を購入。
鮮やかな黄色がとてもきれいでした。下段の生地に栗が練り込んであり,定番のフロマージュより少し固めな印象です。上段のマスカルポーネとの味と食感のハーモニーが素敵です。

「Boulevard des Gateaux」



boulevard_03.jpg

boulevard_01-s.jpg

IMG_3719-s.jpg


Boulevard des Gateaux
・御器所店
 住所 名古屋市昭和区塩付通1-45-2
 TEL 052-751-8073
 営業時間 9:30 ~19:30
 休日 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日休)
 座席 6席(テーブル6席)
 駐車場 4台
  本山店もあり
 

「Gateaux de la mere Souriante」



↑全部美味しいのですが,この画像の一番下「トロピカル」は,おすすめです。
 見た目は爽やか系ですが,酸味だけじゃなく意外にコクもあるオレンジクリームが絶品です。


sourian2.jpg

sourian3.jpg

sourian4.jpg

sourian5.jpg



Gateaux de la mere Souriante
名古屋市中区橘1-4-12
Tel & FAX.052-332-2477
■営業時間
テイクアウト:AM10:00~PM8:00
イートイン :AM10:00~PM7:00
(ラストオーダー PM6:30)
■定休日
毎週水曜日(祝祭日は営業)
■駐車場
4台

「manma cafe」

ここも,手軽なイタリアン食堂です。
好きなパスタorリゾットに,スープ,サラダ,ドリンクがついたランチが食べられます。
貝の蒸し焼きがのったサラダ,自家製のツナのプリっとした食感にもっちりな麺が,とても美味でした。
ここで使っている麺は,アントニオアマートでした。
パスタメーカーってどれくらいあるのかと思ったらこんなにもありました。↓
パスタのメーカー

画像やお店情報はこちらです。↓
PASTA TORATTORIA manma cafe

「サンタフェ」



santafename.jpg


700円前後の価格(通常の2倍に当たるダブルでも1000円前後)で,美味しいスパゲッティが食べられます。
ソースの種類も豊富で,色々具材をトッピングすることも出来ます。
住宅街にあり,静かな環境も魅力です。

サンタフェ
名古屋市中村区若宮町3丁目50
052-483-6008
日曜休

「REGNIE」



strawberry.jpg


harukyabe1.jpg

manhattanrare.jpg


お菓子屋 レニエ
住所    名古屋市西区五才美町18-2
TEL     052-502-0288
営業時間 [月~土]朝9:30 ~夜8:30(LO夜7:00)[日祝]朝9:30~夜20:00(LO19:30)
休日  月曜日

「ヴォーノ・ヴォーノ」

IMG_3627-s.jpg


「チキンと春野菜のトマトクリームソース」です。
上品さには少し欠けるかも知れませんが,ちょっと美味しいパスタを丼モノのように口いっぱいに頬張れるお店の雰囲気が好きです。

スパゲティ・ヴォーノ・ヴォーノ
住所 名古屋市中区栄3-10-14 ライオンビル栄館101
電話 052-252-5822
営業時間 11:00~(L.O.21:00)、日祝11:00~(L.O.20:00)
定休日   無休(夏季、年末年始休)

「ラーメン昭和」

IMG_3624-s.jpg



大学時代に2度程行って,ものすごく美味しいイメージを持ってたのですが,少し崩れました。

オーソドックスな豚骨しょうゆスープに光沢のあるストレート麺の組み合わせは,「前田家」に似ています。
スープはここの方が,まろやかで深みがあります。
麺は,前田家に比べるとやや細くのびやすい感じがします。
チャーシューは,とろける感じでとても美味しい。もう少し分厚いとさらに良いのですが。
また食べたいとは思いますが,場所を考えると「前田家」に行ってしまいます。

ラーメン昭和
住所  愛知県名古屋市天白区八事山528
電話  052-837-4237
営業時間 17:00~翌3:00
定休日 月曜
Profile

よういち

Author:よういち
12月18日生まれ / O型

Click please!
What's the weather like tomorrow?

-天気予報コム- -FC2-
We are open!
マイ・オークションをごらんください
What time is it now?
‘ Kurashaker’ has revived!!
これは、一大事です。英国のサイケデリック仏教野郎が帰ってきます。

K
ペザンツ、ピッグス&アストロノウツ
ヘイ・デュード

1-2-3-4!
Cowboys & Indians

公式ホームページ↓ http://www.kulashakermusic.com/
Monthly
Lately
Trackback
Comments
Recommend
Contents
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Ranking
FC2 Blog Ranking
Links
このブログをリンクに追加する
ダジャレ図鑑
ダジャレ図鑑
BGM♪ブログで音楽生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。